チャップアップでの副作用/この育毛剤はヤバ過ぎる、最悪?

チャップアップの副作用/使って大丈夫なの?

チャップアップで育毛対策をはじめたいという方は多いハズ。

ただしそんな時に気になるのこの育毛剤に副作用はあるのか?かえって抜け毛が増えたらどうしよう?というものです。

これが育毛剤の初期脱毛と呼ばれるものですね。

その他にも頭皮トラブルなどを心配している人もいるでしょう。

特に敏感肌の方は「自分の頭皮に合うのか心配。」という方もいるのではないでしょうか。

ここではそんな方のためにチャップアップの副作用について解説していきます。

チャップアップの副作用/初期脱毛の可能性は?

そもそも初期脱毛ってなに?

チャップアップを使い始めてしばらくしてから抜け毛が増えてしまうという症状が初期脱毛と呼ばれるものです。

そしてこの初期脱毛といわれる症状はチャップアップに限らず育毛剤や発毛剤を使っていくとおきる可能性のあるものです。

もちろんこの症状がでないまましっかりとした髪の毛になるケースも多いです。

またチャップアップをはじめとする育毛剤は医薬品である発毛剤よりもその育毛効果は緩やかです。

だから初期脱毛が発生する確率は発毛剤よりもかなり低いといえます。

発毛剤は効果が高い分、副作用も強く出るのです。

ただ初期脱毛の確率は低いとはいえせっかくチャップアップで育毛対策をしているのに抜け毛が増えてしまうのは精神衛生上よくないですよね。

抜け毛が増えてしまい心配になり途中でチャップアップを使うのをやめてしまうのはとてもったいないです。

ぜひ初期脱毛についての正しい知識をつけてこの症状が発生した場合でもあわてずに継続して使い続けられるようにしていきたいところです。

初期脱毛の原因は?

初期脱毛はチャップアップを使ったことで薄毛が進行しているというわけではなくむしろチャップアップを使ったことで頭皮の状態が改善している途中であるサインだといえます。

例を挙げれば整体とかハリの治療などで「好転反応」というものがありますがそれに似たものだといっても良いでしょう。

整体やハリ治療では施術を受けた翌日に一時的にからだがだるくなるとか熱が出るなど一時的に調子が悪くなるがこれはカラダの調子が改善するための前段階であるとされています。

これが好転反応というものです。

初期脱毛もこれと同じでチャップアップ育毛剤を使うことで薄毛の原因とされる乱れていたヘアサイクルが改善されます。

毛髪にはヘアサイクル(毛周期)というものがありますが、このヘアサイクルは毛が生えてから抜けるまでの段階を3つにわけています。

髪の毛の一生はだいたい2~6年ほどですがこの期間の中での3つの段階をそれぞれ「成長期」「退行期」「休止期」と呼んでいます。

成長期

この成長期は髪の毛の成長がもっとも活発な段階でその期間もほかの退行期や休止期に比べて圧倒的に長く髪の毛の一生のうち8~9割ほどを締めています。毛母細胞の活動が活発で髪の毛の成長がはやく1か月に1センチほどの早さで伸びるとされているのがこの期間です。

退行期

退行期は数年間つづいた成長期からしだいにその活動が緩やかになる段階をいいます。活発な細胞分裂から徐々にその活動もゆっくりになり髪の毛の成長も遅くなります。この退行期の期間はおおよそ2~3週間とされ全体の1%ほどがこの段階にあるとされています。髪の毛が抜けるのはおもにこの退行期の髪の毛であるといってよいです。

休止期

休止期は生えている髪の毛の成長は完全に止まってしまった段階をいいます。この休止期はだいたい2~4か月ほどとされていて髪の毛全体の10~20%がこの段階にあるとされています。休止期とはいえ次に生えてくる髪の毛は伸びる準備にはいっている段階であるといえます。

初期脱毛はヘアサイクルが正常な状態にもどる途中で起こる

薄毛の原因はこの3つの段階のうちの成長期の期間が短くなって休止期の期間が長くなってしまうことをいいます。

髪の毛の成長する期間が短くなると完全に成長する前に髪の毛が抜けてしまいその抜けたままの期間が長いの徐々に髪の毛の量が減ってくるというわけです。

この状態が「ヘアサイクルが乱れた状態」ということになります。

チャップアップのような育毛剤を使い続けることで頭皮環境が整い乱れていたヘアサイクルが正常な状態に修正されていきます。

初期脱毛はそのヘアサイクルが正常な状態にもどる途中で起こる現象とされています。

育毛剤でケアし続けることで髪の毛の成長を活性化し短くなってしまっている髪の毛の成長期を正常化させます。

育毛ケアを続けていくことでそれまでの細くて弱い髪の毛を太くて強い髪の毛に生え変わらせようという働きが起こるので一時的に抜け毛が増えるというわけです。

初期脱毛はいつからいつまで?また抜け毛の量は?

この初期脱毛はいつからいつまでどれぐらいの抜け毛が増える感じなのかということを知っておくことはとても大切です。

心の準備をしておけばそれだけ平静を保つことができます。

ただチャップアップは育毛剤なのでその効果はゆるやかな。

だから初期脱毛が発生する確率は発毛剤よりもかなり低いといって良いです。

だから発毛剤のような強い効果はないかわりに副作用も少ないといえるのです。

そのうえでもし初期脱毛がはじまるとすると一日200~300本ぐらい抜けるとか考えておいてください。

通常何もしなくても100本ぐらいの抜け毛があるのでその2~3倍ぐらいと考えておきましょう。

そして初期脱毛の期間は育毛剤を使い始めて1~2ヵ月ごろから約1か月間ぐらいはつづく目安をしておきましょう。

初期脱毛なのか薄毛が進行しているのかの見分け方

チャップアップを使い始めてから1~2ヵ月で抜け毛が増え始めたのであれば初期脱毛の可能性が高いでしょう。

初期脱毛は通常1か月間ほどで徐々にヘアサイクルが改善されていくことで抜け毛が減っていくのが普通です。

その時期と抜け毛の時期が重ならないのであれば初期脱毛ではなく薄毛の症状が進行している可能性があります。

チャップアップを正しく使ったとしてもなお薄毛が進行している場合は残念ながらチャップアップを使っても育毛効果がでなかった可能性があります。

そんなときはAGAクリニックや発毛剤などの医薬品を使うなど次のケア方法を考える段階にきているのかもしれません。

育毛剤の初期脱毛は悪いことではないという認識を!

初期脱毛はチャップアップのような育毛剤で育毛ケアをする人にとってはけっして悪いものではありません。

ヘアサイクルを正常に戻しているということは太くて丈夫な髪の毛が生える頭皮環境を整えているのと同じなのです。

チャップアップでのその確率は低いとはいえもし初期脱毛がはじまっても抜け毛がおさまるまでの期間は約1か月間ほど。

その期間を過ぎてしまえばあとは太くたくましい毛が生えてくるのでコツコツ継続して使い続けるのみです。

チャップアップの副作用/頭皮が赤くなる、かゆくなる?

かゆみ赤みの原因は?

チャップアップを使うにあたって頭皮が赤くなるとかかゆくなるなどの肌トラブルの副作用を心配する人もいるようです。

チャップアップ育毛剤は医薬品ではなく医薬部外品というカテゴリに分類されているのでその副作用は比較的おだやかだとされています。

ただし頭皮の肌質については人によりさまざまなので配合成分によっては頭皮へのトラブルになる可能性もゼロとはいい切れません。

頭皮が赤くなるとかかゆみがでるというのは配合している成分に対してアレルギーをもっているとか脂性肌、乾燥肌によるものなど肌質によるものなどが考えられます。

チャップアップの場合は頭皮への赤みやかゆみにつながるとされている添加物については以下の7つのものについて不使用とされています。

香料、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベン、紫外線吸収剤、シリコーン

なのでこの7つの添加物についてこれまで肌トラブルがでた経験があるという方ならまずは頭皮トラブルなく使うことができると思います。

その他の添加物として頭皮へのかゆみとか赤みが気になるのはアルコールがあります。

実はチャップアップにはこのアルコールが配合されています。

チャップアップの成分表には「エタノール」とある成分です。

チャップアップにエタノールがどれぐらい入っているのかは不明です。※医薬部外品では配合量を明記する必要がないため。

成分表の中では割と初めの方に明記されているので配合量もおおめなのだと考えられます。

エタノールの役割としては成分同士をなじませて分離しないようにしたり皮脂の汚れを取り除くなどの役割があります。

一方、アルコールが多く配合されているとすると必要以上に皮脂をとってしまう恐れがあるため乾燥しがちになってかゆみや湿疹になる恐れがあります。

だからこれまでアルコールで肌に異常がでた経験がある方についてはチャップアップの使用は控えてアルコールフリーの育毛剤にするのが無難だと思います。

チャップアップは頭皮トラブルについての3つの試験を実施

チャップアップは頭皮の赤みやかゆみなどの副作用の対策として以下の3つの試験を実施しています。

24時間閉塞パッチテスト
低スティングテスト
RTPT (累積刺激性及び感作試験)

この3つの試験の内容について解説していきます。

パッチテスト(24時間閉塞)

チャップアップはパッチテスト(24時間閉塞)をクリアしています。

このテストはチャップアップの肌への刺激性があるのかないのかを24時間の皮膚への判定をする試験です。

テスト機関の説明文を以下に掲載します。

肌疾患等はないものの刺激を感じやすい敏感肌の被験者に対して肌に接触する可能性がある商品すべての、刺激性の有無を判定します。化粧品、繊維製品、ゴム素材などのヒト安全性試験として、24時間単回皮膚接触による皮膚反応を判定する試験です。(48時間貼付も可能)敏感肌の被験者はスティンギングテストを事前に実施して刺激を感じやすいスティンガーとします。

SOUKEN(総合健康開発研究所) |敏感肌の被験者を対象としたパッチテスト(24時間閉塞)

スティンギングテスト

スティンギングテストの「スティンギング」はピリピリした刺激の感覚のことで炎症を伴うものではない一過性のもののことを言います。

このテストは敏感肌の人を対象にした感受性を計るテストです。

スティンギングテストとは、化粧品に配合される特定の物質に敏感な方を被験者にした、商品の使用中の感覚刺激がないことを確認するテストのことです。特に、「スティンギングテスト済み」と表記している商品に対しては、このテストにて、感覚刺激が少ないことを確認しています。(すべての方に感覚刺激が起こらないわけではありません。)

「スティンギングテスト済み」とはどのようなテスト? | お客さまサポート|ワタシプラス/資生堂

RIPT(アレルギーテスト/累積刺激、HRIPT)

RIPTは1回の刺激だけでなく一定期間での複数回の刺激を調べるテストです。

刺激の累積性も確認することができるのでより高い安全性をみることができます。

一度の使用で刺激性のない化粧品・日用品であっても、それらが反復使用された場合に皮膚炎などのトラブルが生じない事が確認されていなければ安心して日常的に使用することができません。化粧品などを繰り返し使用した場合の累積刺激性やアレルギーリスクをIV型アレルギー惹起の有無でテストするのがRIPT(Repeated Insult Patch Test)試験です。HRIPT(Human Repeated Insult Patch Test)とも言います。

RIPT試験方法/期間/費用|化粧品の安全性受託≫きれいテストラボ

かゆみ赤みがでた時の対処法

もしチャップアップを使って頭皮が赤くなったりかゆみなどの副作用がでた時はただちに使用を中止しましょう。

また使用をやめても症状がおさまらない時は医師の診察、薬剤師のアドバイスを受けることをおすすめします。

これらのアレルギーの症状の他にもふけがでるようになったなどの症状がある場合も頭皮の疾患がおきていることも考えられますので専門家へ相談するのがおすすめです。

パッチテスト

もともと敏感肌であればかゆみがでたり赤くなったりするのは避けたいところですよね。

そんな時はいきなりチャップアップを頭皮につけるのではなくパッチテストを行うことをおすすめします。

あらかじめテストしておくことで大事に至らずに済ませることができます。

パッチテストの方法はとてもカンタンなので肌トラブルが心配な方はざひ試してみてください。

パッチテストの方法

二の腕を洗ってから水分をふき取っておきます。

チャップアップを二の腕に1~2滴ほどたらして延ばします。

自然乾燥をさせて48時間放置しておきます。

48時間後に塗付した部分にかゆみや赤みなどないかを確認します。

塗付部分に問題なければOK。

もしかゆみや赤みがでた時はチャップアップの使用をやめてください。

そしてチャップアップのカスタマーに電話をしてパッチテストで副作用がでた旨を説明して返金手続きをしましょう。

チャップアップの副作用/血圧異常や頭痛は?

チャップアップには血圧をあげたりさげたりする成分は配合されていないので血圧異常になる心配はありません。

またチャップアップを使うことで頭痛の副作用がでる心配もしなくて大丈夫です。

チャップアップは副作用の少ない医薬部外品の頭皮ケア用品です。

これら血圧以上や頭痛の副作用は医薬品のミノキシジルを使っている発毛剤でみられるものと考えられます。

ただし低血圧の薬などを服用しているなどで心配であれば念のため医師に相談の上使うことをおすすめします。

チャップアップの副作用/EDになる可能性は?

チャップアップを使うことによる男性機能の低下、EDなどの副作用がおきる心配はありません。

チャップアップにはそのような影響の出るような成分は配合されておらずそして育毛効果についても緩やかなものです。

男性機能の低下やED、射精障害などの副作用が起きる可能性があるのは医薬品であるフィナステリド(プロペシア)といわれる発毛剤でみられる副作用です。

このフィナステリドには男性ホルモンを抑制する効果があることからだといわれています。

チャップアップの副作用/不妊になる可能性は?

この不妊に関してもチャップアップにそれに関連する成分は配合されていません。

不妊に関連すると考えられるのはやはり医薬品のフィナステリド(プロペシア)だと考えられます。

この薬品は精子量の減少、性欲の減退という副作用が報告されています。

おどらく発毛剤と育毛剤がまぜこぜになって認識されていることからこのような誤って認識されているのではないかと考えられます。

チャップアップの副作用/まとめ

以上、チャップアップの副作用について解説してみました。

育毛剤の副作用として一番気になるのは抜け毛が増えることではないでしょうか。

ただこの初期脱毛が実際に起きるのはチャップアップでは稀だということがわかっただけでもかなりハードルは低くなったはずです。

むしろアレルギーなどの頭皮へのトラブルの方が確率は高いといえるでしょう。

また血圧や男性機能の低下などは発毛剤での副作用なのでチャップアップでは気にする必要はありません。

チャップアップはきわめて副作用の確率が低いとっていい育毛剤ということがわかりました。

チャップアップの口コミを見てみる>>

育毛剤のおすすめランキングをみる>>

タイトルとURLをコピーしました